ベースカーブやDIAって何?カラコン用語や基礎知識まとめ #今更聞けないカラコンの基本

カラコン初心者さん向けの、カラコンについて知っておきたい基本的な情報をまとめて紹介する企画!

今回は、カラコンを使うならまず知っておきたいレンズの種類や、基本的なカラコン用語を説明していきます(`・ω・´)

目次
Now Loading...

カラコン(カラーコンタクトレンズ)を使う前に

カラコンは全てソフトコンタクトレンズであり、高度医療管理機器です。
コスメと同じような感覚で気軽に使っている人も多いと思いますが、間違った知識や使い方をしていると一生に関わるような病気・傷になったり、最悪失明してしまう危険性もあるということを理解しておいて下さい。

そうならないためにも、
きちんとレンズケアをする
定期的に眼科を受診する
自分の目に合ったものを使う
最低限この3点は必ず守りましょう!

初めて購入する時は必ず眼科へ行こう!
「視力が良いいから、度なしのカラコンで大丈夫だよね!」「コンタクトも使ったことないけど平気でしょ?」という人こそ、自分の瞳がコンタクトをつけても平気かどうか最初は必ず1度眼科に行きましょう!
特に目が乾きやすいドライアイや、花粉症などアレルギー体質の人は注意が必要。

必ず知っておきたい!基本的なカラコン用語集

BC(ベースカーブ)

レンズのカーブを表す数値のこと。カラコンでは8.6mm前後が一般的で、直径が大きいレンズだと8.9mmなど。
数値が小さいほどカーブがきつく、大きいほどカーブがゆるくなります。
±0.2mmくらいの誤差であれば問題はないとされていますが、同じベースカーブであってもレンズの材質や厚みによってもつけ心地やズレやすさが変わってきます。
あまりにも合わないレンズだと痛みを感じる場合もあるので、眼科を受診して自分のBCをしっかり把握しておきましょう!

DIA(ダイア)

レンズ直径のことで、レンズ自体の大きさ。カラコンでは14.0mm・14.2mm・14.5mmあたりのサイズが最も多く、15.0mmが最大です。
DIAと着色直径は比例することが多いので、大きければ大きいほどデカ目効果もありますが、目への負担も大きくなります。

DIAと着色直径は全く違うよ!
初心者さんだとよくあるのが、レンズ直径と着色直径の勘違い。
【レンズ直径(DIA】はレンズそのものの大きさで、【着色直径】は色が付いている部分の大きさです。

着色直径

カラコンに着色されている部分の大きさのこと。この着色されている部分が広ければ広いほど黒目が大きく見えます。

着色直径の目安
~12.8mm:裸眼とほとんど変わらない
12.9~13.3mm:ほんの少し大きくなる
13.4~13.6mm:一回り大きくなる
13.7~14.0mm:かなりデカ目!

カラコン着色直径サイズの目安

※黒目の直径は平均11.5~12.5mmくらいと言われています
※元の目の大きさやメイク、レンズデザイン等でも見え方や感じ方は大きく変わります

使用期限

開封した状態でレンズを使用できる期間のこと。個人輸入を除く承認カラコンでは、1日使い捨て(ワンデー)/2週間(2ウィーク)/1ヶ月(マンスリー) の3タイプがあります。
レンズを繰り返し使える2週間・1ヶ月タイプは使用後に毎回レンズケア(洗浄・消毒・保存)をしなくてはいけないため、保管用のレンズケースや洗浄液が必要です。

装用時間

1日の中で、カラコンを着けていられる時間のこと。最大8時間が限度で、長時間着けすぎないようにしましょう!
また、初めてレンズを着けるときは2時間程度から始めて、1~2時間ずつ増やしていくと安全にカラコンを装着できます。

EXP

開封されていない状態での「使用期限」のこと。開封後の「使用期限」とは全く違うので要注意!!
商品によって違いますが購入時より大体2~5年くらいなので、まとめ買いしている時は確認しましょう。レンズのブリスター(パッケージ)や箱に必ず記載されています。

PWR/SPH(パワー)

レンズの度数のこと。近視はマイナス、遠視はプラスで表されます。
ほとんどのカラコンは近視のみ対応していて、-0.50~-6.00あたりの度数を揃えているブランドが多いですが、-8.00以上の高度数を取り扱っているカラコンも。
視力が悪くてメガネやクリアコンタクトを使っている人はもちろん、視力が良い人も購入前には必ず視力・度数の確認を!

メガネと同じ度数とは限りません!
今までメガネを使っていて、カラコンに挑戦しようと思っている人も多いはず。ですが、コンタクトレンズの度数はメガネのものと異なる場合があります。
この場合も眼科を受診してコンタクトレンズの度数、ベースカーブ、ドライアイかどうか等を確認するのが大切!

含水率

レンズに含まれている水分率のこと。カラコンだと38%前後の低含水率が多く、50%以上だと高含水率と言われます。
含水率が高い「高含水率カラコン」はなじみやすくつけ心地がいいですが、レンズが常に水分を保持しようとする=涙を吸収しやすいため、特にドライアイ体質の人は目が乾燥しやすくなることがあります。
ドライアイや乾きやすい人は含水率の低めなレンズ(低含水率カラコン)を選ぶと◎

高含水率と低含水率の違いを見る

カラコンにはどんな種類があるの?

1日使い捨て・ワンデー

カラコンの使用期限【ワンデー】

毎日新しいレンズに取り換えるタイプ。一度目から外したら再び着けることはできない使い捨てレンズですが、外したらポイッと捨てるだけ。
レンズケアがいらないので簡単で便利!初心者さんにもオススメ!

ワンデーのカラコンを見る

2週間交換・2ウィーク

カラコンの使用期限【2週間交換・2ウィーク】

レンズを開封してから2週間、ケアしながら使えるタイプ。レンズの汚れが貯まる前に新しく交換できるのと、ワンデーよりもコスパがいいので毎日カラコンをお得に使いたい人にオススメ!コスパがかなり良いです。
以前はサークルレンズなどナチュラルなものばかりでしたが、最近はハーフ系や高発色など多彩なラインナップに。

2ウィークのカラコンを見る

1ヶ月交換・マンスリー

カラコンの使用期限【1ヶ月交換・マンスリー】

レンズを開封して使い出してから1ヶ月間、ケアしながら繰り返し使えるタイプ。毎日つけて外す度に、こすり洗いなどのケアが必要です。
デザインやレンズの大きさなど種類が豊富で、お店でもたくさん売られています!

マンスリーのカラコンを見る

カラコンで可愛くなりたいなら、まずは正しい知識を知ろう♡

いくら目が大きくて可愛くて盛れていても、目が真っ赤に充血しっていたり、レンズが頻繁にズレていたら可愛さも半減。
正しいレンズケアやルールを守り、自分の目に合ったカラコンを探すことが大切です!

特に「着色直径」は黒目の大きさに関わってくるし、「ベースカーブ」や「含水率」はレンズがズレたり乾きやすくて困っている人は、今使っているカラコンをぜひ確認してみて下さい。
見た目やデザインだけじゃなく、レンズデータにもこだわれば、今まで以上に可愛くなれるカラコンに出会えるはず!

カラコンは正しく使ってこそ!ルールを守って安全に楽しみましょう♡

カラコンの基本的な使い方や情報初心者向けのオススメなカラコン

\参考になったら ♡ をPush!/

SNSで最新情報&レポ更新中!Follow me♡

Instagram
SNSでシェア
BA編集部

Edited by

karakon_ba karakonba

※この記事は、高度医療機器販売管理者が監修しております